12月になると思う事

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

10日以上、ブログを放置しておりました(^▽^;)

 

放置している間に月が替わり、もう12月です。

 

 

 

1年中、なんだかんだと忙しい毎日ですが、

12月は世間一般、超多忙月間。

 

 

12月に入ると毎年思うことが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち、なんでこんな忙しい月に結婚式を挙げたんだ?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27年前、夫24歳、私23歳。

私はともかく、夫もまだまだ責任ある立場ではなく、

 

12月はロマンチックだし結婚式、挙げちゃおう!

 

みたいなノリで、12月12日に日取りを決めたわけですが、

今思うと、列席者は

「忙しいのにな・・・」

と、思う方もいたことでしょう。

 

 

そんなわけで、来週、結婚27周年になります。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく頑張ったな自分!

 

 

 

 

 

 

穏やかな夫婦って素敵

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

最近、クルーズ旅行が流行っているらしく、

テレビでもよく特集をしているのを見ます。

 

 

食事や設備が豪華で、

船の中というのに、1日中楽しめたり、

そして以外にリーズナブル、とのこと。

 

 

昔は、ご主人が定年退職後、

退職金をはたいて、奥様と豪華な船旅を楽しむ、

こんなイメージでしたが、

今は女子旅や母と娘など

気軽に楽しんでいる感じです。

 

 

 

といっても、1泊2日などの短期間はなく、

どうしても1週間くらいの旅になってしまうので、

そういった面では気軽にはいけません。

 

 

 

なので私が選ぶのはバスツアー!

 

 

 

 

若い頃は

 

(見ず知らずの人とバスに乗って、みんなでゾロゾロ添乗員の後ろを歩くなんてみっともなくてできない・・・)

 

 

と、見向きもしなかったのですが、

中高年に突入したとたん、

プランは考えなくてもいいし、

集合場所にさえ行けば後は連れて行ってくれるし、

何といっても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んで寝れる

バスツアー、サイコー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は年2~3回、

バスツアーに参加しています。

 

 

 

 

最近も友人と「いく?」なんて話をしていたら

以前行った、バスツアーの出来事を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

バスツアーといえば、中高年が大半で、

女性だけのグループやご夫婦で参加する方がほとんど。

その時のツアーの参加者もそんな感じでした。

 

朝早く集合したので、最初の休憩のサービスエリアで、

みんなトイレに行ったり、朝食を購入。

 

その後、観光地を回り夕方になり、後は帰るだけという時、

通路を挟んで、隣に座っていた奥様(推定70代後半)

が添乗員さんに、

 

 

 

 

 

 

「朝寄った、サービスエリアのパン屋さんで私、お財布落としたみたいなんです」

 

 

 

 

朝、サービスエリアに寄ったのは9時ごろ。

奥様が添乗員さんに財布を落としたことを告げたのは、16時ごろ。

その間、7時間・・・。

 

 

 

 

 

観光地を回っている時、きっと気が付いていたはずなのに、

なぜ、夕方までそのことを言わなかったのか・・・???

 

 

 

 

 

添乗員さんに言ったところで、

どうすることもできないと分かった奥様は、

財布を落としたであろうパン屋さんに

電話をしたり、カード会社に電話したり、

バスの中で対処していました。

 

 

その間、隣に座っていたご主人(70代後半)は、

一生懸命サポートしています。

 

 

 

 

結局、財布は見つからなかったよう・・・。

 

 

 

「あーあ・・・、財布、無くしちゃった」

 

と、落ち込む奥様。

 

 

「あんまり考えない方がいいよ」

と、やさしく慰めるご主人。

 

 

途中、高速道路が事故渋滞が始まり、

朝、財布を無くしたであろうパン屋さんで

買っておいたパンをご夫婦が食べ始めました。

 

 

 

「2万円のハンバーガーだ・・・」

 

 

お財布の中に2万円、入っていたんでしょうね。

 

 

 

ずっと、ご夫婦のやり取りを聞いていて、

 

私たち夫婦だったらどうなるか、

シミュレーションをしてみました。

 

 

 

 

私がなくした場合

 

私「財布無くした!どうしよう・・・」

夫「ほんとに無いの?バックの中、探した?」

この時点で多分、お互いイライラしているはずです。

 

夫がなくした場合

 

夫「あれ?財布がない・・・」

私「もう!!だから、いっつもだらしがない、って言ってるでしょ!!」

 

初めから私だけイライラしながら喧嘩腰(^_^;)

 

 

 

 

 

穏やかな夫婦って素敵ですね。

あんな夫婦になりたい、と思った出来事でした。

 

 

 

 

 

 

カブる

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

昔から世の中のお嫁さんの悩みの中に、

「嫁VS姑」

みたいなのがありますが、

依田家に至ってはほとんど皆無。

 

 

4人の嫁はみんな義母のことが好きです。

 

 

理由はいろいろありますが、

1つは面倒見がすごくいいこと。

 

 

 

義母は昔から兄弟の面倒や、

親の介護などやってきた苦労人で、

困っている人や孫たちのお守りを、

嫌な顔一つせず、やってくれます。

 

 

 

そんな義母は、

「しのぶさーん、食べて」

と、よく義母手作りの料理も分けてくれ、

大変助かっています。

 

しかも、美味しい♬

 

 

 

義母が作ったメニューと我が家のメニュー、

結構「カブる」ことがあり、

夜、夫が帰って来て食卓に並べた夕飯を見て

「これ、おふくろも今日作ってた」

なんてことが一度や二度じゃないくらいあります。

 

 

 

今朝、時間があったので珍しく、

「今のうちに材料を切っておこう」

と、豚汁の具材を切り冷蔵庫の中へ。

 

 

 

 

朝、事務所に着き、午前の仕事を終え、

お昼の準備をしていると、

 

「しのぶさーん、食べる?」

 

と、鍋を抱えて義母が事務所にやってきました。

 

 

私「お義母さん、何作ったの?」

義母「ちょっと味が薄いかもしれないけど食べて♬」

 

 

 

 

鍋の中をのぞくと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豚汁🐖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりのカブリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

私の切った具材は後日に回すことにし、

義母の豚汁を夫と美味しくいただきました(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事、ご苦労様です

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

いつまでも若いつもりでいたのに、

気が付けば夫婦で50代。

 

あっという間です。

 

 

若い頃とは、心も身体も変わってきているわけですが、

変わらないもの、と言えば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫の足の臭い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体臭は全然ないのに、

若い頃から夫の足の臭いは強烈!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、仕事帰りに私が車を運転し、

夫が助手席に座っていました。

 

 

 

 

 

私「うっ!なんか臭い!!靴脱いでるでしょ?!」

夫「さっきまで靴脱いでいた。俺も臭いと思った」

 

 

 

 

 

5秒ほど沈黙が続き、夫婦同時に発した言葉は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんでこんなに臭いんだろう???」

 

 

 

 

 

 

 

 

ハモってしまいました(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

1日中、現場から現場に移動し、

目いっぱい仕事をしていれば、

そうなってしまうのでしょうね。

 

 

 

 

世の中の足の臭いがキツイ方、

ご苦労様です!

 

 

 

 

 

 

同年代の方、こんなことありますよね?

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

 

朝晩はすっかり寒くなりましたね。

街を歩く人たちの服装も、徐々に冬に装いになりつつあります。

 

 

毎年、服を買う時、

「もう少し早く来ればよかった」

と、思うことが多々あるので、今年は9月の初めのまだ暑い頃、

某衣料品店に行き、秋冬物を物色。

 

 

「あ、これかわいい♬」

 

 

と、思い1着購入しました。

 

 

でも、まだまだ暑かったのでとりあえず、

冬物BOXに収納しておくことに。

 

 

 

 

10月初め、買い物に行った先に9月に行った、

某衣料品店が入っていたので、ちょっとだけ見ることに。

 

 

 

ふら~っと見ていると、

「いいな~」

と、思う服を発見。

 

 

「もうすぐ寒くなるから買っちゃお♬」

 

 

と、1着購入し帰宅後、タンスの引き出しに収納しました。

 

 

 

 

10月半ば、いよいよ寒くなってきたので衣替えをするため、

BOXを出し、冬物を取り出していると

 

 

 

 

「あれ?」

 

 

と、思いタンスの引き出しを開けると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかの同じセーター(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く買い過ぎてしまい、すっかり忘れ、

同じ物を購入するとは・・・。

 

写真ではサイズが違うように見えますが、

色・サイズ共にまったく一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、

「ついに認知症を発症したか」

と、ショックでしたが、

同年代は何かしらそんなことがあるようで、

夫も

 

「この前さ・・・」

 

 

 

と、「やらかした」ことを教えてくれました。

 

 

そのことは社長ブログにて後日報告するそうです。

 

 

 

 

 

 

いくつになっても、どんな方法でも学ぶことは大切!

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

若い頃はそうでもなかったのに、

年と共に好きになるものって、

ありますよね?

 

 

私もいろいろありますが、

「和風建築」

は年々、惹かれるものがあります。

 

 

 

新潟の実家は築50年以上の古い建物ですが、

和風建築で畳の続きの間や、

縁側や欄間など、今ではあまり見られない、

造りが家の数か所にあります。

 

若い頃は畳ばかりの自宅が

「ダサい」

感じがして好きではなく、

早く今どきの家

(当時はハウスメーカーが作った家が一番かっこいいと

思っていました)

に建て替えればいいのにと、思っていましたが、

年を重ねた今では、出来る限り両親と兄家族に

住み続けて欲しい、と思っています。

 

 

 

大悦のお客様のお宅も和風建築で、

そばを通るたび

「素敵だな~」

と、思うのですが、昨日、

そこのお宅まで集金に伺いました。

 

 

集金したらすぐに帰る予定が、

「奥さん、お茶でも飲んで行って!」

と、言っていただいたのでお言葉に甘えることに。

 

 

待つこと数分、用意していただいたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的なお抹茶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の緑茶、またはコーヒーかと思っていたら、

きちんとした器に、茶筅で点てたお抹茶が入ってたので、

 

「これは、どのようにして頂いたら・・・(汗)」

 

と、奥様に聞くと

 

「まずはね、お菓子をいただいてから、器をこのように回して・・・。

なぜ、回すのかというと・・・で、その後は・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよう( ̄▽ ̄;)

覚えられないんですけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が戸惑っていたのがわかったのか、

奥様、

 

 

 

 

 

 

「でもね、今回はいいのよ。自由に召し上がって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった~(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥様はお茶の先生の資格があり、

家の中には茶室もあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

この年で初めて頂いた、点てたお抹茶。

作法を知らなくて恥ずかしかったので、

これを機にちょっと勉強したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeで!

 

 

 

人生で一度は行って見たいセリフ

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

27日(日)は健康診断へ行って来ました。

 

 

 

数年前まで、健康診断といっても特に心配なことはなく、

淡々と指示に従い終了、という感じだったのですが、

年々、

「何か出るかも」

「数値、あんまり良くないかも」

など、前日くらいからちょっとだけドキドキです。

 

 

今回、何よりもドキドキしたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、お惣菜や外食などを遅い時間に食べ、

しかもランニングなどの運動を、ほとんどしていない日々。

 

 

 

 

毎日、体重測定をすればいいものの、

怖くて体重計にも乗れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

健康診断の会場に行くと、まずは血圧測定。

 

 

 

 

若い頃は低血圧だったのに、年々上がり続ける血圧。

 

 

今回も高いのかな・・・。

でも、ドキドキすると血圧が上がってしまうため、

なるべく平常心で自動測定機に腕を入れ、スイッチオン!

 

 

 

上が120くらい

下が90くらい

 

 

 

 

 

 

こちらは至って正常でセーフです。

 

 

 

 

レントゲン等を撮って、次はいよいよ身長・体重測定へ。

 

 

 

 

 

 

結果は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年とほぼ変わらなかったヾ(≧▽≦)ノ

(数字はもちろん秘密です)

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、レントゲン写真を見ながら先生が

「あれ?これは・・・」

なんてことを言ってましたが、

大したことないはず。

 

 

それよりなにより、体重が増えていなかったことが嬉しくて、

健康診断後、昼間っから夫と祝杯&ラーメンです(^▽^;)

 

 

 

 

 

その後、チケットをいただいたので行ってきました、

 

東京モーターショー!

 

 

 

 

 

 

 

りんかい線の国際展示場駅を降りると、

モーターショーの会場であるビックサイトに入る前から、

いろいろ展示してありました。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーカー世代の夫、スポーツカーにテンションがUP!

 

 

とりあえず乗車してました。

 

 

 

 

 

同じく私もスーパーカー世代ですが、

スポーツカーよりも働く車が好きです。

 

 

 

 

展示されていた消防車、ちょっと見たことがない形です。

 

 

なんだこれは?

と思っていると、

 

 

 

 

トンネルで火災が起きた時、

送風し煙を出すと同時に、

放水もできる消防車とのこと。

 

 

 

 

その向かい側に

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊車

 

大きくてかっこいい!

 

 

 

会場に入る前からテンションが上がります⤴

 

 

 

 

 

いざ、ビックサイトへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入って10分。

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた~(@_@;)

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ですが、とにかくすごい人、人、人!

 

 

 

 

 

 

 

車やバイクが好きな夫は絶好調で、

 

 

 

 

 

 

 

またがっておりました。

 

 

 

 

人の波に流れるように移動すると、

息子の大学のソーラーカーを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動し外車コーナーへ。

 

 

 

 

 

私が今回一番テンションが上がったのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車名はわからないけど

 

 

 

ゴージャス!

 

 

 

ギンギラギンでもさりげなくないですね(^▽^;)

 

オールシルバーの車体は手彫りの模様が施されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そばには超高級車、ベントレーとアストンマーチンも展示されており、

金額を見るとどちらも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000万円越え!

 

 

 

 

 

 

 

高級車を目の前にして、人生で一度は行って見たいセリフ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうする?買っちゃう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と庶民代表の私が夫相手に呟いてみましたが、

ほぼ相手にされず・・・。

 

 

 

 

 

ノリが悪い男です(-“-)

 

 

 

 

 

 

 

その他、

 

 

 

 

 

 

 

こちらはキンキラキン

 

 

 

 

 

 

 

 

車種がわからないけどかっこいい車

 

 

 

 

 

 

 

痛車

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお子さんや若い人をターゲットにしていたようで、

キッザニアやトミカのブースがあったり

高校生以下及び自動車関連の専門学校学生は無料

(要学生証提示)

だったりしていました。

 

 

 

車好き、バイク好き、そして

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうする?買っちゃう?」

 

 

 

 

 

 

を呟いてみたい方、行って見てはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの再会、だけのはずが・・・

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

2007年からほぼ毎月、発行している情報誌ですが、

今の形、「だいえつ便り」になったのは2015年から。

 

 

 

おかげさまで、毎月、多くの反響をいただき、

夫もみっちゃんも原稿作成に協力的で、

編集長の私は非常に助かっております。

 

 

 

だいえつ便りが今の形になったきっかけは、

ブログでおなじみ、株式会社ツタエルさんのおかげです。

 

 

ツタエルさんは全国各地で情報誌作成をお手伝いする

「情報誌サミット」

を開催しているのですが、10年前から開催し、

160人以上の卒業生を出しているそう。

 

 

5~6名で1年に渡る研修を受講し、

卒業するのですが、受講生の悩みは同じで、

 

「社内が協力的じゃない」

「ネタがない」

「毎月の発行は大変」

 

などなど・・・。

 

 

悩みを共感でき、しかもほぼ同業者。

必然的に一体感が生まれ、受講を終える時には、とても仲良くなれます。

 

 

しかし、みんな忙しく、なかなか連絡できず、

その後はほとんど会えないままになってしまいます。

 

 

 

そこでツタエル山口さん、

 

「編集長サミットに来た人たちの同窓会をやってみよう!」

 

と、思い立ち、昨日、開催されました。

 

 

 

9月末に開催される案内が届き、

10月初め、参加することを伝え、あとは

「久しぶりに〇〇さんに会える♬」

などと、再会のみを楽しみに過ごしていました。

 

 

 

今月半ば山口さんから電話が・・・。

 

山「しのぶさん、事例発表してもらえませんか?」

し「事例発表?あ、いいよ!OK♬」

 

この時点では何も考えていないお気軽&能天気な私。

 

 

 

23日、事例発表前日、山口さんからメールが来ました。

 

 

 

「明日のパワポ」

 

 

 

クリックすると、スクリーンに映し出される予定のパワポがたっぷり・・・。

 

 

 

 

この時、ようやく気が付きました。

 

 

小学生の頃から自己紹介を始め、

人前で話すことなんて大っ嫌いな私が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで引き受けてしまったんだ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

しかし、引き受けてしまったからにはやるしかありません。

 

 

 

 

 

 

昨日、10時に御茶ノ水にて山口さんと最終待ち合わせをし、

ちょっと早めの昼食をとるために、ひとりファミレスへ。

 

 

 

 

食事をしながら、パワポの資料を確認し、

(この辺であのことをしゃべって)

(ここでは、あのことを伝えよう)

など考え、いざ、会場へ行こうと案内図を確認すると、

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとわかりづらく、住所を見ると、

 

千代田区神田錦町・・・。

 

 

 

(神田か・・・。隣の駅じゃん。急がなきゃ)

 

 

 

お店を出て、御茶ノ水駅から神田駅へと向かうことに。

 

 

 

電車の中で改めて、会場案内を確認すると

「神田駅」

とは、どこにも書いていません。

 

 

 

 

(え?何駅に行けばいいだろう?)

 

 

 

 

案内図をきちんと確認すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

御茶ノ水・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

電車の乗らなくてもよかった・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと焦ってしまいましたが、無事、会場に到着。

 

 

 

 

まずは、山口さんの挨拶から。

 

お次は岡田代表の挨拶が終わり、

ついに私の番です。

 

 

 

 

 

緊張のあまり、ずっと下を向いたまま

 

 

わかりづらいですが、横にいる山口さんに助けを求めているところ

 

 

暑くて汗をかき始めた(年齢のせいもあり)

 

 

 

ようやく発表が終わり、山口さんが取り仕切っているところ

 

 

 

 

山「しのぶさん、ありがとうございました。」

皆さん「パチパチパチパチ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わった~ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

 

もう一人、事例発表されたのは

 

 

 

 

 

長野県の矢島建築 矢島社長

 

 

矢島建築さんは社長一人でやってらっしゃる方で、

出来ないことは、出来る人(外注)にすべて任せ、

目標は売上4億円!

 

 

そのために情報誌を始め、日々、頑張ってらっしゃるとのこと。

 

 

仕事に対する姿勢・目標設定など素晴らしいです。

特に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表する際、みんなの方に向けている顔

 

ずっと下を向きっぱなしではありませんね。

 

 

 

 

 

その後、

 

 

 

休憩中の名刺交換タイム

 

 

 

 

 

 

グループワーク

 

 

 

 

 

 

他の方の情報誌の説明

 

 

 

 

 

アンケートを記入し終了しました。

 

 

 

終了後、

 

「しのぶ節が聞けませんでしたね」

 

 

と岡田さん。

 

 

 

 

 

どんな節でしょう(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

その後、懇親会会場へ

 

 

最初は、男女、ランダムに座っていたのですが、

後半、男性のテーブルと女性のテーブルに分れ、

女性のテーブルの会話は仕事の話はほぼなく、

私と同年代の方々は

 

「たのきんトリオは誰が好きだったか?」

 

 

の会話に。

 

 

1人の方は「マッチ」

私ともう一人の方は「トシちゃん」

もう一人の方は

 

「あの当時、人気なくて可愛そうだったから私はよっちゃんにした」

 

 

と、まさかの発言に大爆笑。

 

 

 

 

と、こんな感じでベラベラゲラゲラしていたら、

 

 

「しのぶさん、しのぶ節炸裂で本領発揮じゃないですか!」

 

 

と、言われてしまいました。

 

 

 

 

お時間となり、締めの挨拶を振られた私は

 

 

 

 

 

酔っぱらっているというのに、また真面目になってしまい、

「しのぶ節が消えた」

と、言われるしまつ(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

最後はお店の前でパシャリ

 

このころにはすっかり皆さんと仲良くなり、

 

「また、会いましょう!!」

 

と、握手&挨拶をし、お開きとなりました。

 

 

 

このような機会を作ってくれたツタエルの皆様、

ありがとうございました。

 

また、いろんな準備等、忙しい中していただいた山口さん、

ありがとうございました。

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

工務店の事務所内に女子高生が興奮するもの

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

先日、銀行に行くため事務所を出ると、すぐ後ろを女子高生3人組が

歩いてきました。

 

 

大悦の事務所、一度来社された方は知っていると思いますが、

道路に面した部分が全面ガラス張り。

 

 

 

なので、事務所の中が丸見えなのですが、

女子高生が事務所の中を見ながら

 

 

 

 

 

 

「おー!おー!!」

 

 

 

 

 

と、叫んでいました。

 

 

 

 

 

 

(そんな興奮するものが事務所の中にあったっけ?)

 

 

 

 

 

 

 

後ろの女子高に神経を集中させながら考えていると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ありました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

V6の岡田君のポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋からCMが始まったLIXILの岡田君バージョン。

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に営業さんが持ってきたので、

衝立に貼っておいたのです。

 

 

 

 

女子高生の会話

 

Aちゃん 「おー、おー、岡田だ、岡田!!」

Bちゃん 「岡田君のことを岡田っていう人初めて聞いた」

Aちゃん 「え?そう?岡田は岡田だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドル岡田、女子高生に呼び捨てにされる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ちなにに岡田君、来月、39歳になるようです(^▽^;)

 

 

 

 

以前、LIXILのイメージキャラクターは山P。

 

山Pのマッチョな上半身を披露した以前のLIXILのCM、

営業さん曰く、山PがCMに出てから、売り上げがかなり上がったとか。

 

岡田君効果はいかに・・・。

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

 

井川遥さんのキッチンバージョンも貼ってあります。

 

 

 

 

スナックのママ・・・のような存在

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

 

先週、仕事終わりにとある事務所へ行くことに。

 

 

 

 

とある事務所とは、私のブログではお馴染みの

株式会社ツタエルさんの事務所。

 

 

 

今週、ツタエルさん主催の、とあるイベントがあるのですが、

その打ち合わせのために、お邪魔したのですが、

事務所を移転して約1年、まだまだきれいな事務所。

 

 

 

18時半に到着し、担当の山口さんと、

イベントの打ち合わせスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、代表の岡田さんが顔を出してくれ一緒に話したり、

岡田さんの奥様が顔を出してくれたり、

イベントの話の他に私の愚痴を聞いてもらったり、

山口さんの話を聞かせてもらったり、

気が付いた時、時間は23時超え!

 

 

あまりに帰ってこない女房を心配し、

夫からは2回も電話がかかってきました。

ま、心配ではなく

「俺が腹減ってんのに、なにくっちゃべってんだよ!」

と、イライラしていたんですけどね(-“-)

 

 

 

23時半、ようやくツタエル事務所を出て、自宅へ。

 

 

 

ガッツリ打ち合わせをしたので、グッタリしていると思いませんか?

 

それが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この楽しそうな顔!

 

 

 

 

 

普段、朝から帰るまで事務所で一人、

自宅に帰ってからも一人。

 

 

気が付くと、誰ともしゃべっていない私にとって、

山口さんのような営業さんは、

一生懸命話を聞いてくれるので、まるで

 

 

 

 

 

 

スナックのママのような存在!

 

 

 

 

 

 

 

 

でもよく考えたら、山口さん、自宅は遠く、

お子さんも小さくて、奥様からしたら、

一刻も早く帰ってきて欲しいはずなんですよね。

 

 

 

 

 

 

自宅に向かいながらちょっと反省してしまいました。

 

 

 

 

 

 

今週木曜日、イベントにて罪滅ぼしをさせていただきますので、

お許しくださいm(__)m