小学生男子

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

天気はいいですが、まだまだ寒い東京。

しかし月曜日まで天気も気温も「春」のようでしたね。

 

 

 

といっても朝は寒いので、

家から出ていく時は、上着を着て出た夫。

 

 

昼過ぎ、暑い暑い、と言いながら現場から帰ってきて、

夕方、また出かけようと上着を探すもありません。

 

 

 

「あれ?車かな?」

 

 

とぶつぶつ言いながら事務所を出ていく夫。

 

 

 

 

 

昨日の朝、夫を見送る時、

「上着、あった?」

と、聞くと

「いや、ないんだよ。どこやったんだろう???」

 

 

 

 

 

 

上着をどこかに脱いで、置いてきてしまう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生男子か!

 

 

 

 

 

 

 

息子が小学生の頃、ママ友と話していたら、

「上着を着せて学校に行かせると、忘れてきて、

次の日、違う上着を着せて行かせるとまた忘れる」

と言っていたことを思い出しました(^_^;)

 

 

 

 

今朝、もう一度、確認すると

「みっちゃんの車に入っていた」

とのこと。

 

 

 

 

 

最近、私も置いておいたはずのものが行方不明になっていたり、

「なぜそうした?」と思ってしまうような、

意味不明な行動が増えてきました。

 

これが「老い」というものなのでしょうかね・・・。

 

 

 

 

 

 

おひとりさま

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

数年前から「ひとり〇〇」が流行ってますが、

コロナ禍で更に一人での行動が求められています。

 

 

若い頃は一人での行動も苦ではなかったのですが、

結婚し子供が生まれると、

必然的に家族で行動することが当たり前となり、

一人でお店、特に飲食店に行くことがとても苦手になって

しまいました。

 

 

お店で一人で食べるなら、買ってきて家で食べたほうがいい。

 

 

こんな考えが20年近く続いたのですが、

子ども達も大人になり、夫も忙しい人なので、

そろそろ一人で飲食店にも入れるようにならなければ・・・。

 

 

 

先日のブログで

「ラーメン屋に夫と行った」

と書きましたが、

20日(土)も、またどうしても食べたい熱が上がり、

今回は一人で行って来ました!

 

 

といっても大型スーパーのフードコート(^_^;)

 

 

 

買い物に行ったついでに、どうしても食べたくなり、

フードコートを覗くと、そこまで混んでいません。

 

 

(家族連ればかりかな・・・)

 

 

などと変な心配をしながら見渡すと、

おひとりさまもちらほらいます。

 

 

 

(よし!ここでラーメン食べちゃおう!)

 

 

 

 

カウンター越しに注文し、

機械を持たされ待つこと数分、

ピーピー鳴ったので受け取りに行き、

アツアツのラーメンを頂くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの家族連れのフードコートで一人、

ラーメンをすする中年の女(-_-)

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、そんな絵面が浮かびましたが、

もういいんです。

誰も見ていないし、気にしていない!

しかも

 

 

 

美味しいので(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

ひとり〇〇、これからも少しずつ増やし、

楽しんでいけたらな、と思う日々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気の源

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

友人に気軽に会えなくなって数カ月、

他愛もない話をして、盛り上がっていた日々が

懐かしいな・・・と思う今日この頃、

昨日、立て続けに事務所に知人が来社しました。

 

 

朝、通勤途中の道路が工事中で、

出社が遅くなったのですが、

事務所に入ると、仕事関係の知人(女性)が来社していて、

私の顔を見るなり

 

「しのぶさん!」

 

と、話し始めました。

 

 

 

最近、年齢的なもの(更年期)で、

メンタルの浮き沈みがが激しく、

夫がちょっと相談したとのこと。

 

仕事の打ち合わせがてら、私がちょっとでも

元気になるように、と色々話をしてくれ、

気が付けばお昼まで話し込んでしまいました。

 

 

午後、仕事を開始していると夕方、

今度はとある会社の営業さん(女性)が来社。

 

 

昨年から大悦の担当になった方で、

「若いな~・・」

と思い年齢を聞くと娘と同い年。

しかも娘と名前も似ているため、

「ゆかちゃん」と呼ばせてもらっています。

 

ゆかちゃん、もちろん「商品説明」という仕事のため、

来社してくれたのですが、2時間の滞在中、

ほぼどうでもいい話に1時間45分ほど付き合ってくれ、

帰る時には外が真っ暗になってしまいました(^_^;)

 

 

仕事にもならないようなどうでもいい話だというのに、

「しのぶさんと話すと楽しいです♬」

なーんて言ってくれるゆかちゃん。

 

お世辞でも若い女性にそんなことを

言ってもらえるななんて嬉しいですね(#^^#)

 

すっかり元気になれた1日でした。

 

 

 

他愛もない話

 

これが私の「元気の源」なのかもしれません。

 

 

 

 

 

ラーメン

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

 

最近、年のせいか、運動不足のせいか、

「お腹すいたー」や

「〇〇が食べたい!」

と思うことがなくなりました。

 

 

 

もともと夕飯のメニューを考えるのが苦痛だというのに、

食べたいものが浮かばない最近は更に苦痛です(-_-;)

 

 

 

 

日曜日、久しぶりに無性に

「ラーメンが食べたい!」

欲にかられ、テニスに行った夫にLINEで

「帰ってきたらラーメン食べに行きたい」

と、伝え待つこと3時間、夫帰宅。

 

 

 

 

日曜日、どこにも出かけない日は、

1日中、部屋着で過ごす私。

しかしラーメンが食べたい一心で、

着替え&メイクをして家にいる女房を不思議に思ったのか

 

「あれ?どっか出かけたの?」

 

と言い出す夫。

 

 

LINEを見ていなかったらしく、

説明すると、

 

「よし!じゃあ行こう!」

 

と、夫。

 

 

 

 

 

いつもテニスから帰ってくると、

どこにも出かけたくないオーラを出し、

すぐに飲み始めるのですが、

自分の好きな「ラーメン」だと

別人のようにフットワークが軽くなります(-_-)

 

 

 

 

その時点で13時を過ぎていたので、

お店も空いているのでは・・・

と、思いきや行きたかったラーメン屋さんは、

14時近くになっても長蛇の列。

 

 

 

仕方がないので、別のお店に。

 

 

 

 

鶏ガラでだしを取った、

濃厚こってり系が食べたかった私たち。

 

仕方なく入ったお店は煮干しベースのラーメン屋さん。

 

 

ちょっと違うんだよな・・・。

でもまいっか。

 

 

口には出しませんでいたが、

夫婦ともにそんな気分で食べたラーメン。

感想は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい!!

 

 

 

 

 

 

 

煮干しベースでもこってりしていて、

思った以上に美味しい!と思っていたら、

夫も同じことを考えていたようです。

 

 

 

 

 

食べたいモノを食べたいときに食べられる・・・。

久しぶりに

 

「しあわせ~(^^♪」

 

と思えた日曜の午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の写真を見て思い出す

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

 

不要不急の外出をしなくなって、

久しいです。

 

 

 

仕事はいつものように事務所でPC作業、

普段の買い物もいつもと同じスーパーで、

必要なものだけを買って帰ってくる、

の繰り返し・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ネタがない・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

そんな時、やることと言えば、

ケータイの中に入っている

過去数年の写真を見てネタを探します。

 

 

 

 

2013年からiPhoneを使いだしたので、

8年前の写真から確認していくと、

2014年2月の写真が出てきました。

 

 

 

当時の思い出が蘇ります。

 

 

 

 

 

2014年の2月といえば、東京が大雪☃

 

沖縄に修学旅行に行って帰ってくる予定の娘が

帰って来られないかもしれない、

と、何度もLINEでやり取りし、なんとか帰宅できたこと。

 

 

息子が高校を受験した日、

帰ってきて答え合わせをしていたら、

思っていたよりも点数がとれていなかったらしく、

酷く落ち込み、

合格発表を見に行く道中、

「併願校の私立、受かっているからそっちで頑張れ」

と、落ちた前提で励まし、

合格者発表の掲示板に息子の受験番号を見つけた時、

本人よりも母である私が嬉しくて、泣き崩れたこと。

 

 

 

ついこの前だと思っていたら、

もう7年も前のことでした。

 

 

 

息子の合格発表の掲示板ですが、

うれしさのあまり、写真に収めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今となっては、どれが息子の受験番号か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく覚えていない(+o+)

 

 

 

 

 

 

息子に指をさしてもらえばよかった・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

今年の都立高校の一時試験は21日(日)、

中学3年生はラストスパート!

 

 

どうか体調に気を付けて、

最後の最後まであきらめずに、

頑張って欲しい!

と、元受験生の母は願わずにいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

洗濯

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

我が家の洗濯担当は主婦である私です。

 

 

結婚生活29年、ほぼ毎朝、洗濯機を回してきたのですが、

先週末、主婦業をボイコット。

 

 

不機嫌な女房が恐ろしかったのか、

初めて夫が洗濯をしました。

 

 

なんかやってるな・・・と思いつつ、

私は知らん顔。

 

 

洗濯が終了するピー音がすると、

そそくさと干し始める夫。

 

 

私の機嫌もおさまると、さっそく洗濯をした、

と夫が報告してきました。

 

 

あの洗剤を洗濯機のあそこに入れ・・・と、

意気揚々と説明してくれたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフラン(柔軟仕上げ剤)を

洗剤を注入するところに入れ、

アクロン(おしゃれ着洗い)を

仕上げ材を注入するところに入れたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざんねーん( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

すでに干して渇いた後だったので、

そのままで使用することにしました。

 

 

 

数年後、一人暮らしをする予定の息子。

息子が今から心配していること、

それは洗濯。

 

洗濯機にはボタンがいっぱい、

洗剤も色んな種類があり、

何をいつどのように入れればいいのか、

ちんぷんかんぷん。

 

父の洗濯の失敗を見て、

改めてしっかり覚えよう!と

心に誓ったようです(^_^;)

 

 

 

 

 

東京生まれ

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

2月2日のは節分でしたね。

 

午前中に事務所の近くのスーパーまで

恵方巻を買いに行き(作る気はない)、

夜、しっかり豆をまき、邪気を払いましたよ。

 

おばあちゃん犬のナツキ、

ご飯の時以外はほとんど寝ているというのに、

節分は毎年、家中の豆を拾って食べるため、

この日は夜も元気です(^_^;)

 

 

人間の方はというと、年の数だけ豆を食べなければならないため、

年々、数えるのも食べるのも大変(-_-;)

 

「俺はちょっとでいいや」

 

と、夫は3粒くらいしか食べませんでした。

本当は53粒も食べなきゃならないというのに・・・。

 

 

豆、と言えば昨日、こんなものを見つけました。

 

 

 

 

 

東京生まれの納豆

 

 

 

 

地方で生まれ育った私には、この

「東京生まれ」

というフレーズが納豆といえども、

ちょっと気になります。

 

 

 

 

東京で育った娘は、

(里帰りで出産したので生まれは新潟にしているようです)

地方出身でしかも方言がある地方がうらやましいとか・・。

 

 

 

新潟の方言や訛りなどは、

他の地方に比べるとあまりないように

思われがちですが、結構、あります。

 

夫は結婚当初、私の両親の話している内容が

分からなかったらしく私が通訳をしたことも・・・。

 

 

 

 

また帰省や旅行ができるようになり、

ネイティブな方言が聞きたいな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の栄光は捨てろ!

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

若い頃ハマったもの、と言えばゲーム。

 

結婚してすぐの頃、スーパーファミコンを購入し、

休みの日はもちろん、毎夜、ゲーム漬け。

 

 

どんなゲームをしていたかというと、

 

・花札

・ストリートファイター2

・ヨッシーのクッキー

・スーパーぷよぷよ

・ボンバーマン

・桃太郎電鉄

 

など・・・。

 

今思い返しても、よく飽きもせずやっていたなぁ・・・、

と思うくらいやっていました。

 

 

 

そんなにハマっていたゲームも、

子どもが生まれたり、仕事が忙しかったりで、

ほぼやらなくなりましたが、

20代の子ども達は、まだまだゲーム世代。

 

 

金曜日、一人暮らしをしている娘から、

「今日から実家に泊まる」

と、連絡がありました。

 

 

着替え等と一緒に持ってきたもの、それは

 

 

 

 

 

 

ニンテンドースイッチ

 

 

 

 

 

 

結構前に発売はしていたようですが、

娘はつい先日購入したとのこと。

 

「家族で楽しめるから♬」

 

と、ソフトと共にやって来ました。

 

 

 

いくつかソフトを持ってきたのですが、

その中には「桃鉄」と「ぷよぷよ」も

あります。

 

 

 

さっそく、夫とぷよぷよ対決をしてみることに。

数分後、あっけなく敗退(-_-;)

 

 

 

あれだけ得意だったというのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びっくりするくらいできない(*_*)

 

 

 

 

娘「全然だめじゃん(笑)」

私「昔はすごかったんだよ!」

娘「うわっ!昔の栄光を語りだしてる・・・老害だ、老害!」

 

 

 

 

 

 

ロ・ウ・ガ・イ (-_-)

 

 

 

 

 

 

 

その後、娘VS息子の対決を見ていたら、やっぱり私の若い頃の方が

上手いのです(←まだ言ってる)

 

 

 

何をどう言っても、「今」が大切なので、

黙ることにしましたが・・・(^_^;)

 

 

 

 

そんな娘、本日24歳になりました。

 

 

この週末は大好物を食卓にいくつも並べ、

「太るー!」と言いつつ食べまくり、

挙句の果てに

「食べ過ぎて気持ち悪い・・・」

と、言いながら23歳最後の日を過ごしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも話すことが出来たなら・・・

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

一時は衰弱し、危なかったナツキ。

室内温度や薬の摂取の仕方など、

気にするようになってから、すこぶる元気!

 

しかし頑固に拍車がかかっております(-“-)

 

 

しかも人間嫌いも加速中。

 

 

 

若い頃は家族が帰ってくると、

うれしさのあまり「嬉しょん」を

してしまったり、

飛んでいくんじゃないかと思うほど、

ブンブンしっぽを振っていたのですが、

今では「嬉しょん」も「しっぽブンブン」も皆無。

 

 

ただ「しっぽブンブン」は今でもあることあります。

それは食べ物をもらえる、かもしれないとき。

 

 

先日も夫が枝豆(冷凍)を食べている時、

ちょっとナツキの方に見せたら、

しっぽがブンブンブン・・・。

 

 

「久しぶりにしっぽ振ってる。ナッチンはこんな時ばっかりだな、しっぽを振るのは・・・(-_-;)」

 

 

と家族で呆れてしまいました。

 

 

 

あまりに人間嫌いなので、

本当に言うことを聞かないバアサンだわ~(-_-;)

と、思うこともしばしば。

 

 

 

今のナツキがもし話すことが出来たら、

 

 

 

 

 

 

オイクソババア!メシヨコセ!!

 

 

とか朝晩言ってるかもしれませんね(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は昨年の6月、トリミング直後の

きれいな状態のナツキ。

 

歯がないのでいつも舌が出ています(^_^;)

 

 

 

 

 

 

冬の空、といえば・・・

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

 

週末は雪予報でしたが雨でしたね。

 

「どこにも出かけられない」&「乾燥」

なので恵みの雨、と思ったのは私だけではないはず。

 

 

昨年末、事務所に加湿空気清浄機を設置しましたが、

先週は一日中、動かしていても

事務所の湿度は30%ほど・・・。

 

カサカサするわけです・・・(T_T)

 

 

乾燥と言えば、夜、寝ている間、

ずっと口を開けて眠っているようで、

夜中に目を覚ました時は、口の中がカラカラ。

 

こんな時、夫に話しかけられても答えられません。

なぜなら口が回らなく、声にもならないのです(+o+)

 

 

私の実家、新潟は冬の間、乾燥とは無縁の世界。

 

一日中、カラッと晴れることはほとんどなく、

冬の空、と言えば鉛色。

 

最近の住宅は断熱性能がしっかりしているので、

そんなことはないと思いますが、古い造りの実家は、

家中、湿気だらけで逆に除湿器が必要なくらいです。

 

 

 

東京と新潟、天気は真逆な訳ですが、

私はやっぱり東京の冬ほうが好きです。

 

あの「鉛色の空」は気分が上がりません(~_~;)

 

しかし、先週末のように東京でも、

どんよりとした冬の空を見ると、

心のどこかで

「これが本来の冬の空」

と思っている自分がいます。

 

 

 

地方の人と話すとき、「東京出身です」

みたいな顔をしている私ですが、

中身はバリバリ(←古い?)の新潟県人です(^_^;)