関係各所がスッキリしない

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

9月も半ば、大学生もぼちぼち学校が始まる頃でしょうか。

 

 

我が家の子ども達も大学生ですが、娘(4年生)は単位が取れているのか、

ほとんど学校へ行くこともなく、バイトに精を出す每日で、

息子(2年生)は、学園祭実行委員なので夏休みも每日、学校へ行ってました。

なので、いつから授業が始まったのかよくわからない状況です。

 

夏休み中も每日お弁当を作っていたので、

私の「お弁当夏休み」は、ほぼ無し状態でした。

 

 

 

今朝もいつものように、お弁当を作ったのですが、

本日のメニューは白身魚のフライや卵焼き、ウィンナーにおひたしなど。

 

 

フライを揚げた油は2~3回使い回すので、

オイルポットに入れ温度が下がったら冷蔵庫に保存します。

 

 

油が飛び散ったガス台を拭いたり、洗い物をした後、

作り終わったおかずを弁当箱に詰めている時、

事件発生!

 

 

 

我が家のキッチンはL字型、角に電子レンジを置いています。

その電子レンジの上にオイルポットを置いていたのですが、

何故か落下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガス台、調理台、床まで揚げ油の海(@_@;)

 

 

 

 

 

せっかくキレイにしたのに・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

拭いても拭いても、すっきりしない関係各所。

洗剤等を使い、30分位かけて朝から拭き掃除に追われてしまいました(-_-;)

 

 

 

 

いつも乗せていても、こんなことはなかったというのに・・・。

 

 

 

 

10月6・7日が息子の大学の学園祭。

それまでは土日も関係なくお弁当作りの日々が続くのですが、

每日、終電間際まで最高の学園祭にするために頑張っている息子のために、

母もお弁当作り、頑張らなければ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アッシー・メッシー・ミツグくん

こんにちは。依田しのぶです。

 

先日、友人が映画のチケットがあるので見に行かないかと

誘ってくれました。

 

映画は「検察の罪人」

 

木村拓哉さんと二宮和也さんの豪華ダブルキャストによる、

話題の映画です。

 

だいたい映画を見る時は新宿、吉祥寺あたりなのですが、

「久しぶりに六本木に行こう♫」

となり、夕方待ち合わせ、観ることに。

 

検察側の罪人、あらすじは・・・

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け・・・

(作品情報より引用)

 

全く、どんな内容かわからないまま、観たというのもありますが、

どんどん引き込まれあっという間に120分余りの上映が終了しました。

 

 

 

その後、せっかくだから飲みに行こう、と六本木の街をさまようこと15分、

どこに入っていいかわからず、結局、入ったお店はファミレス(^_^;)

 

 

若く勘違いしていた頃は、ワンレンボディコンの出で立ちで、

六本木であろうと、割とどこのお店にも入れたというのに、

今となってはどこのお店も、敷居が山のように高いアラフィフ2人・・・(-_-;)

 

 

 

 

ファミレスでは

「キムタク、腰周りが前とは違う!」や

「あの俳優、キモいわ~!でも何かに出ていたよね?」など

さっきまでのオドオドは鳴りを潜め、映画のキャストについて

言いたい放題のアラフィフ。

 

 

 

 

そんな話で盛り上がっている時、私のケータイに着信が。

ケータイを見ると夫からです。

 

 

 

友人「誰から?」

私「ダンナ」

友人「依田さん、迎えに来てくれるんじゃない?」

 

 

友人とは30年以上の付き合い。

夫とは何回も会ったことがあります。

しかし、友人が描く夫のイメージは結婚前の

「気が利く優しい、依田さん」

 

 

夫は結婚前、とにかくマメで優しく何でも言うことを聞いてくれ、

私にとっては

「アッシー、メッシー、ミツグくん」

でした。

 

なので、電話してくる=迎えに来てくれる

と、思ったらしく、上記の発言になったのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

私「もしもし」

夫「今どこ?」

私「まだ六本木。迎えに来てくれんの?」

夫「無理だな。もう会社出たし、家に近いもん」

私「え~、じゃあなんで電話してくんの?」

夫「六本木出て、電車に乗っていたら近くの駅まで迎えに行ってあげようかなと思ってさ」

私「近いよ!くるっとUターンすればすぐだから!ついでに〇〇(友人の最寄りの駅)まで、ドライブなんてどう?」

夫「無理だな。じゃあ、先に帰ってるよ。バイバイ」

 

 

 

昔は六本木で遊んでいて、夜中電話しても迎えに来てくれたというのに・・・

 

 

 

 

 

 

私のアッシーはどこへ行ったの~~~!!!

 

 

 

 

 

その後あきらめ、電車で帰ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、自分のことを「イケてる」と勘違いし、

タクシーのように使い、食事をおごらせ、欲しいものは買ってもらうという、

嫌な女とよく結婚したと思いますよ、我が夫は。

 

 

感謝でございます(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日の夫

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

夫の休日は基本、日曜日のみ。

 

每日、朝早く家を出て、夜遅く帰宅するので、

お休みの日曜日くらい、家でゆっくり体を休めてもらいたいのですが、

雨が降っていなければテニスに行き、

雨が降っていれば事務仕事をするために、会社に行く・・・つまり、

365日、1日中、家にいることが殆どありません。

 

 

 

テニスに行った日の夕方、

「なんか買っていくものある?」

と、電話をくれるのですが、この時、結構な割合で私がお願いするもの、

それは

 

 

 

 

 

 

夕飯

 

 

 

 

 

 

「今日、作りたくない」

 

 

と、私が言うと

 

 

「じゃあ、なんか買っていくよ。何がいい?」

 

と、聞いて来る夫。

 

 

本当は

 

「じゃあ、俺が作るよ」

 

 

と、言って欲しいのですが、本来ならば主婦である私が作らなきゃ

ならないのに、作りたくない、と言う後ろめたさから、

 

「作って!」

 

と、言えずいつも、すき家かケンタッキーを買ってきてもらっていました。

 

 

そんな夫、最近、変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日の夕飯を作ってくれるようになりました\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

ちなみに昨日のメニューは

「もつ煮込み」

「さんま」

 

 

 

 

 

 

 

平日も一緒に帰ってきた時など、

私 → 洗濯物を取り込んでたたむ

夫 → 夕飯を作る

 

など、あったのですが、ここ最近、

日曜日も作ってくれるようになりました。

 

 

 

しかも、作りながら洗い物もしてくれるという、

主婦さながらのできる男に変身!

 

 

 

いちばん大事な味付けですが、

これが・・・美味しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

料理中の夫のそばにはアルコール(昨日はハイボール)が

置いてあります。

 

 

飲みながら料理を作る俺=かっこいい

 

 

 

こんな公式が出来ているようです(-_-)

 

 

 

 

 

なので、夕飯を食べる頃には結構酔いが回るらしく、

とにかくよく喋る喋る・・・(-_-;)

 

しかも、声がデカい・・・。

 

 

 

 

 

 

テレビを見ながらしゃべっているので、

合図づちも打たず、放っておいたら

いつの間にかうたた寝が始まり、

今度は大いびきが・・・(~O~;)

 

 

 

 

 

 

大声で喋り続けても、料理に関するうんちくを述べ始めても、

料理を作ってくれるのはありがたいこと。

 

 

 

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

トリプル効果

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

年々、悪くなっている視力。

 

以前はPCで振込をする時など、

数字を間違えそうになる時や、

細かい文字を見るときだけ老眼鏡を使用していたのですが、

今では、日中、ほとんどかけている状態です。

 

以前のブログで愛用中の老眼鏡が壊れたと

お伝えしましたが、新たに購入しました。

 

 

それがこちら

 

 

 

 

 

 

 

で、以前使っていたのがこちら

 

 

 

 

ほぼ変わらず(^_^;)

 

 

 

 

 

メガネと言えば我が夫。

若い頃から「乱視」で、知り合ったときから

ずっとメガネをかけています。

 

 

 

そんな夫、最近は「乱視」の他に「老眼」も始まったようで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱視の眼鏡の上に私の老眼鏡をかける、

という技(?)を生み出し

 

「これは、見える!」

 

と、言っておりました。

 

 

 

しかし、いくらメガネを二重にかけても見えない時があるようで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱視用眼鏡+老眼鏡+虫眼鏡の

 

 

 

 

 

トリプル眼鏡!

 

 

 

 

 

 

 

最初はびっくりしましたgが、

最近では私も住宅地図など

小さい字を確認する際は

 

老眼鏡+虫眼鏡

 

をやってみたところ、

これがよく見えるんです!!

 

 

 

「最近見えづらいな・・・」

 

 

と、感じている、そこの貴方、

 

 

おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嵐で一時行方不明

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

27日(月)は、すごい嵐でしたね。

 

 

その日は2ヶ月に一回、社内の環境美化の指導をしてもらうため、

「そうじの力」の小早代表に来社してもらう日。

 

 

18時から、掃除会議を開始した時点では、雷どころか

雨も降っていませんでした。

 

 

事務所の隣の下小屋をチェックしてもらい、

裏の駐車場、地下の倉庫などすべてをチェックしてもらい、

最後は事務所で今後、どのようにしていったらいいか

話し合うため、下小屋を出ようと外を見たら、

すでに雨・風・雷のオンパレード!

 

たかが5~6歩で事務所に着くというのに、

それさえも躊躇するほどの暴風雨と、

近所に落ちまくる雷・・・。

 

しばらくみんなで、下小屋で待機していましたが、

下小屋の中にも雨水が入ってきたり、

いつ、嵐が収まるかわからないので、

意を決し、夫が外に飛び出していきました。

 

 

たがか5~6歩だと言うのに、全身ずぶ濡れ。

パンツまでびっしょりになっていました。

 

 

 

最近、若手の社員に立て看板を作ってもらい

パンフレットと情報誌を事務所の前に置くようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

(少しだけ自分の顔は小さくしたつもりが・・・夫と変わらない(~O~;))

 

歩いている人や、バス停で待っている人に

少しでもアピールできるようにと、

始めたのですが、先日の嵐の際、

吹っ飛んでいき、一時、行方不明に・・・。

 

嵐が止み、近所を探しに行くと、電柱の下で

まるで身を寄せ合っているかのように、

固まって落ちていたそうです。

 

 

 

今日の空も曇り空で、

いつ降り出してもおかしくない空模様。

 

 

近隣の方から

「あの嵐で、ちょっと心配なことが・・・」

と、数件お電話をいただいております。

 

 

台風21号が近づく前に、

心配な方はお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

ジャパン建材フェア

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

24日(金)、ビックサイトで開催された

第40回 ジャパン建材フェアに

夫と行ってきました。

 

 

 

ジャパン建材フェアとは業界最大の展示即売会で、

建築資材や住宅関連機器メーカーが一同に会し、

新商品や売れ筋商品をプレゼンテーションするイベント。

 

販売店や工務店に向けたイベントで

年に2回、開催されます。

 

 

めったに現場等に行かない私には珍しいものばかりで、

興味津々。

 

 

 

 

最新のキッチンが展示されていたり、

 

「この水栓、お客さんのところに入れたよ」

と、実践してくれる夫。

レバーがなく、センサーで水が出るので清潔に調理ができます。

 

憧れの薪ストーブ

 

 

ビンテージ感のあるサイディング

コンクリートっぽい外壁材

 

 

  

 

部屋のアクセントになる内装材

 

 

アイアンで出来た手すり

アイアンで出来たタオル収納

 

パナソニックのトイレ

便蓋もいろいろ選べます。

 

白い便蓋に

 

 

イメージキャラクターのムロツヨシさんと石田ゆり子さんの

サイン発見!

 

 

その他、安全帯の実践を見せるために、本物の足場が建っていたり

 

 

 

ものすごく高いところに登るための脚立の展示がしてあったり

 

 

数寄屋造り風の模型のそばに、人間が入れる同じ数寄屋造りの建物があったり

 

 

 

 

最近はネットやSNSの発達で、

一般の方のほうが私よりも詳しかったりします。

 

今回、一気に最新の住宅機器を見ることができ、

少しは勉強できた気がします。

 

 

 

ジャパン建材フェア、私は24日のみ行きましたが、

夫は業者さんとのお付き合いで、25日にも行ったようです。

 

 

夫のブログも後ほどUPしますので、御覧ください。

 

 

 

 

 

暑い日、食べたいアイスは・・・

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

先日まで涼しかったというのに、また暑さがぶり返しましたね~(~O~;)

 

 

 

お盆前の猛暑日が続いていた頃、夫が社員のために

アイスを買ってきてくれました。

 

 

社員みんなに渡した後、

「しのぶも食べれば」

と、言われコンビニ袋の中を覗くと入っていたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガリガリ君

 

 

 

 

 

 

 

その日、私は朝から事務所にいたため、外は猛暑でも

事務所の中はエアコンの効きすぎではっきり言って、

身体は冷え切っていました。

 

 

 

 

 

私「ガリガリ君か・・・。クリーム系が良かっ・・・」

夫「何だと?クリーム系だと?せっかく買ってきたのに・・・」

私「じゃあ、我慢して食べるよ」

 

 

 

 

 

あんまり食べたくなくても、一口食べれば安定の美味しさのガリガリ君。

 

ガリガリ君を食べ終わった社員たちは

「当たんなかった・・・。最近なかなか当たらない」

など、言っているのを聞いて、ふと自分の食べているガリガリ君の

バーを見たら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たりが出た♫

 

 

ガリガリ君、サイコー!!(←あれ?クリーム系が良かったんじゃ・・・?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長距離運転の眠気防止は・・・

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

大悦工務店は昨日で夏休みは終わり、

本日より通常業務です。

 

 

夏休み、草むしりをしたり、買い物に行ったり、

新潟に帰省したりで、あっという間に終わってしまいました。

 

 

新潟に帰省する際、ほぼ車で行くのですが、

運転はほとんど夫にしてもらいます。

 

 

いつもは私が好きな音楽を流したりするのですが、

高速道路の運転が苦手な私。

夫に少しでも快適な運転をしてもらうために、

夫の好きな音楽を流します。

 

 

 

昭和40年代に生まれ、バブルの前後に高校生活を過ごした方が、

好きなアーチスト、それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BOOWY

 

 

 

 

 

 

 

夫は高校時代、バンドでコピーするほど大好きで、

今でもスラスラ歌えます。

 

 

 

 

車内で流すと、すぐにノリノリで歌い出す夫。

 

普段は夫が大きな声で歌い出すと

娘と二人でうんざりしてしまいますが、

運転してもらうからには、我慢するしかありません(-_-;)

 

 

 

今回は関越トンネルを超えた頃から

「眠い、眠い」

といい出したので、そこからBOOWYを流し、

夫のワンマンショースタート!

 

 

依田浩一、完全に氷室京介になりきってます(-_-;)

 

間奏の時はギターの音を口で鳴らし、

布袋寅泰になりきる夫。

 

 

一人BOOWYをやりきり、

長距離運運転も一人で

ごきげんで乗り切ってくれた夫なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11日~15日まで夏休みです

こんにちは。依田しのぶです。

 

 

今日辺りからそろそろ、お盆休みが始まっているようですね。

大悦工務店のお休みは明日11日(土)~15日(水)になります。

 

 

今日、とある営業さんが来社し、世間話をしていると、

会話は飛行機の話に。

 

私   「あ、そう言えば、この時期だよね、日航の事故」

営業さん「? 日航の事故?え?なんですか?」

私   「え?!あの、飛行機が御巣鷹山に突っ込んだ事故だよ」

営業さん「あ、坂本九さんが乗っていた事故のことですか?この時期なんですか?」

私   「そう!え?いつ起きたか知らない?」

営業さん「大きい飛行機事故があったことは知っていますけど、この時期だったっていうのは、知らなかったです」

とのこと。

 

 

 

 

これぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェネレーションギャップ(*_*;!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その営業さん、事故後、つまり平成になってから産まれたので

あんまり知らなくても仕方ありません。

 

 

 

 

最近来社される営業さんたち、みんな私より若いのはもちろん、

みんな平成生まれで、自分の子どもみたいな若者ばかり。

 

 

 

 

 

来年、我が家の娘も社会人の仲間入りです。

 

若い営業さんが来社されたり、電話をかけてくると、

娘とかぶり、ついつい優しく接してしまう、おばちゃんなのでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝行

こんにちは。依田しのぶです。

 

夫のブログにUP済の「滝行」

私も体験しました。

本日は私の感想を書きたいと思います。

 

 

以前、友人ととある山にいった時、滝行のポスターを発見。

「滝行か・・・。自分と向き合えるのかな?いつかできたら・・・」

と、思いつつ月日は流れ、気がつけば初めてポスターを見たときから

4~5年ほど経っておりました。

 

 

社内で「滝行をやろう!」と、なった時、

ついに実現する!と、テンションUP↗↗↗な私。

 

 

8月に入り、どんな感じなのかとネットで検索すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンパない・・・(゜o゜;

 

 

 

 

 

私、勝手な想像でチョロチョロ落ちてくる滝に

軽く打たれる、くらいなもんかと思っていたんです。

 

 

 

画像を見て急に怖くなってきてしまい、

テンションDOWN↘↘↘

 

 

 

 

 

8月5日、武蔵五日市駅からバスに揺られること約1時間。

 

 

九頭龍神社到着

 

 

 

 

 

 

 

この九頭竜神社、脇の道がツーリングする方たちのおなじみの道路らしく、

爆音を響かせバイクがひっきりなしに通過する場所にあります。

 

宮司の方が滝行する前に、説明してくれるのですが、

爆音のおかげで何を言っているのかさっぱりわかりません(-_-;)

 

 

よくわからないまま説明が終了し、九頭龍の滝まで移動。

更衣室があるのかと思ったら、まさかの車(宮司さんの)の

中での着替え。

 

電話予約の際、

「水着を家から着て来て下さい」

というのは、このためでした。

 

男性社員はそのまま、水着になり

夫は車の後ろへ行き、ふんどしを装着!

 

さすがにその格好では歩けない、

となり、また服を着たのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

こんな格好していました(^_^;)

 

 

 

 

 

 

道路脇の斜面を下ると、きれいな川が見えてきました。

ふと、奥を見ると九頭龍の滝発見!

 

 

 

水量が多く、すごい勢いで水が降りてきます。

 

 

 

 

滝の前で最後の説明を受け、いざ川の中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さ、寒い・・・(~_~)

私、震えが止まりません。

 

夫曰く

「何かに取り憑かれているみたいに震えてる」

とのこと(^_^;)

 

 

その後、滝へ

 

 

 

 

二人一組となり滝の中へ入るのですが、

夫に奥へ行ってもらい、私は手前にしてもらいました。

 

写真だと、私のところは大して水がかかっていないようですが、

ここでも結構な水量。

 

でも夫のいる奥は、息ができないくらいの水量だったそうです。

 

次は川の中へ

 

 

 

 

 

こちらも水の勢いが凄くて、一瞬、押し流されそうになります。

 

 

 

 

この流れを2回繰り返し、滝行終了。

 

 

 

滝行を経験するまで「無」になれたり、

自分と向き合い邪気が払われたり、

目に見えない何かを得るのだと思っていました。

 

が、あの滝に入った瞬間、

 

 

 

 

「早く終わって~!!!」

 

 

 

 

しか考えられない・・・。

 

 

 

 

自分が滝に打たれているときは必死で、

どんな風貌になっているかなんて考えられないのですが、

人が滝に打たれているのを見ているのは、

必死なだけに面白い。

 

 

社員が滝に打たれている姿を夫と見て、

大爆笑してしまいました。

(多分、夫と私も笑われていたと思います)

 

 

 

 

滝行の後のBBQ場も予約はしていたのですが、

着いたのが13時半頃だったため、

河原は他の客でいっぱい。

 

 

なんとかタープを建て、BBQ開始!

 

 

焼き係はこの二人にお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族連れや若いグループなど、

たくさん来ていたのですが、

女子大生のグループが私達のそばでスイカ割りを始めると、

夫、じっとしていられません(-_-)

 

 

目隠ししてスイカを探す女の子に

 

「右、右!そう!そこ!!」

 

「もう少し前!」

 

 

 

 

 

 

 

おじさん、黙ってて!

 

 

 

 

女子大生の心の声、私には届きましたよ(-_-)

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで楽しかった滝行&BBQ

はしゃぎすぎた夫は家に着くなりバタンキューでした。