杉並区 T様邸 新築工事

こんにちは、大悦工務店 深澤です。

なかなか暖かくならず、着るもののチョイスが難しい時期ですね。

前回の建て方からの進捗状況をお伝えします。

まずは、外部の合板を張るために柱と柱の間に間柱いうものを入れていきます。

それを入れ終わったら外部の合板を張ります。

 

 

外部の合板が張り終わるとサッシを入れるための窓台とまぐさを入れます。

横に入っている部材で上に入っている部材がまぐさ下に入っているのが窓台です。

真ん中の四角部分を機械で開口してサッシを取り付けていきます。

 

サッシを入れ終われば大工さんは、家の中の仕事になります。

まずは、天井のボードを張るための下地をやります。

続いて天井と壁に断熱材を入れていきます。

隙間なく入れていくことで断熱性能を高めます。

簡単なようで、とても大事な作業になります。

ここまでの流れを簡単にでは、ありますが説明させていただきました。

次回、ボード張りや枠の取付などをご紹介したいと思います。

T様 引き続きよろしくお願い致します。

 

 

 

 

杉並区T様邸 新築工事

こんにちは、大悦工務店 深澤です。

このところ気温の変化が目まぐるしく体調管理が大変ですね。

さて今回は建て方の模様をお伝えします。

建て方とは、木造建築では、土台、柱、梁、小屋組を組み上げることをいいます。

まずは、土台から

土台を組むことを土台敷きといいこの作業は、建て方が行われる前日に行われることが多いです。

次に柱を立てます

ここからは、大工さん 建て方大工さん 荷揚げ屋さんで行います。

柱を立てたら立てた柱に梁をいれていきます。

次は、梁に二階の柱を立てて小屋梁を入れていきます。

一番高い所の梁が入り組みあがることを棟が上がるといいます。

棟があがったら上棟式です。

弊串というもの取付、四隅の柱にお米とお酒をまきます。

その模様の写真がなくもう申し訳ありません。

T様 引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 

杉並区 T様邸 新築工事

こんにちは、今回は、生コンクリート打設状況お伝えします。

生コンクリートを流す前に必ず必要になるのがこちら

↓ ↓

 

 

型枠です。

生コンクリートは固まるまでは流動性があるため、形があるものに流さなければなりません。

 

流す際に必要なものがこのポンプ車です。

↓ ↓

  

 

 

生コン車、だけでは生コンクリートを流すことができません。

双方が連携を取り、始めて打設することが出来るのです。

 

生コン打設状況 ↓ ↓

生コンを流した所からすかさず基礎屋さんかミキサーで混ぜながら素早くコテでならしていきます。きれいに仕上がっていますね。

次の日、基礎の立ち上がり部分の生コン打設をしました。

立ち上がり部分の型枠組

↓  ↓

立ち上がり部分、生コン打設状況

↓    ↓

生コンを流した後、レベラーいうトロトロの物を流し基礎の上端を水平にします。

 

何日か空けてから型枠を外します。

基礎完成

 

生コン打設の作業現場を見ていると関わっている作業者みなさんに躍動感があり、活気を感じることができました。

大悦工務店 深澤

 

 

杉並区T様邸 新築工事

大悦工務店 今年一回目の新築工事が始まりました。

基礎工事の模様をお伝えします。

配筋工事現場

コンクリートを流す前の鉄筋を組んでいきます。

なぜ鉄筋を組むかというとコンクリートは、地震が起きた時などに縮もうとする力には、強度を発揮するのですが伸びようとする力にはあまり強度を発揮しません。

鉄は、逆に伸びようとする力には強度を発揮するが、縮もうとする力にはあまり強度を保つことができません。また、鉄は錆びてしまうと強度を失ってしまうがコンクリートは、高アルカリ性なので錆びを長期間、守ることができます。

こういったことからこの両者は、組み合わせれたのです。

 

 

次回、生コンクリートを流すところをお伝えします。

 

 

2019初詣

2019年明けましておめでとうございます。

 

もう、1月10日ですけど (笑)

 

皆さんは、もう初詣は行かれましたか?

 

私は毎年、決まって行くところは特に決めてないのです。

で、今回は文京区にある湯島天神に行きました。

 

まあ、なんでかというと東京ドームホテルのビュッフェに行って、そこから近かっただけなんです。(笑)

↑東京ドームホテルロビーの一角

湯島天神というと、学問の神様として知られる菅原道真を祀っているというのは言うまでも無く有名です。

 

じゃあ、今年何か試験でも受けるのかというと、そうではなく。

 

ただ、近かっただけ(二回目)。

 

 

さて

鳥居を潜ると、梅の木がすごい!

ここ梅林?ってぐらい (笑)

 

行ったのが3日の夜だけあって、人はさほど多くなく

早々にお賽銭出来ました。

 

↑初詣で賑わう湯島天神

 

おみくじ(小吉)もひいて、出口に向かうと

さすが学問の神様がいるだけあってか、壁一面にかけられた、絵馬!

チラッと見てみると、やっぱり〇〇大学に合格!とか手書きで書いてあり

これから、この学生たちも勉強して社会に出てくのかと思うと、その気合に圧倒されながらも、自分もうかうかしてられないと思った2019年初詣。

 

大悦工務店 石橋

続・I様邸外壁塗替え工事(最終回)

こんにちは!

長くお伝えしてきた、外壁塗替え工事も今回で最終回となりました!

 

全体の仕上がりを見る前に、鉄部の塗装に関してお伝えしたいと思います!

鉄部とは、屋根やベランダの手すり等で使われる板金や、車庫のシャッターや鉄の構造物があります!

今回は、板金とシャッターボックスの二か所ありましたので、そこをお伝えします!

↑塗装前のバルコニー手摺の板金

 

おそらく元の色は黒であったでしょうか、現在は色が抜けてグレーに近い色になってしまっています。

下塗りは、関西ペイント株式会社のスーパーザウルスⅡhttps://www.kansai.co.jp/products/catalog/pdf/766.pdf(関西ペイント株式会社 スーパーザウルス)

 

上塗りは、日本ペイント株式会社のファインウレタンの黒を3分艶にして仕上げました!https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_29.pdf(日本ペイント株式会社 ファインウレタン)

 

 

シャッターボックスは、↓こんな感じでした。

少し見えづらいですが、錆が出てきていて、こちらも限界状態でした。

下塗りは板金と同じスーパーザウルス

上塗りは、関西ペイント株式会社のフェロドール

https://www.kansai.co.jp/products/catalog/pdf/302.pdf(関西ペイント株式会社 フェロドール)

フェロドールって?と聞きなれない人が多いと思うので説明します!

フェロドールは長期防食MIO塗料なのです!MIO塗料は酸化鉄を含んだ塗料で、耐久性を向上させる効果もあり、尚且つ見た目がメタリックな仕上がりになります!

おススメです!

before               after

before               after

全体の印象も明るくなり、細かいクラックや汚れが無くなり綺麗になりました!

塗装屋さんも、ここ10年間でやった仕事の中では一番いい出来だという言葉を頂きました。

作りが複雑だと、改修するときも手間暇はかかりますが、ただ現状を維持するだけで無く、職人さん達が技術を出したいと思わせてくれる良い住宅だなと思います。工事期間中いつも明るく気を使っていただいた奥様にも大変感謝を申し上げます。

 

以上!外壁塗装工事でした!

株式会社 大悦工務店 石橋